本分社CPの圧倒的『本の底力』とは?

■本分社CPの圧倒的『本の底力』とは?

常に出版の現場にかかわっている本分社ならではの
本の底力を駆使するカンパニーズ・パブリッシング

本分社代表の略歴にもありますが、株式会社大阪屋(現 株式会社大阪屋栗田)を

スタート地点として37年。書店経営、書店営業代行、出版社経営、古書店経営、さらにこの過程で著書も出版をいたしました。「出版三者」をベースとした総合的な知識は、企業出版において不可欠な力です。

出版三者から読者へ
▶この通常ルートの他に、CPの目的を考慮した上で、現在新たな流通経路を確立しています。
地方取次ルート
直販ルート
▶出版の知識の上にだけ成り立つ「本分社CP」の目的から逆算し、最適な流通ルートをご提案いたします。
これらは代表的な「本分社CP」の力ですが、まだまだお伝えしきれない力がたくさんあります。
まずは、ご質問・お問い合わせからお気軽にどうぞ